看護師求人窓口 のサイトを訪れた方から良く頂く質問をこのページでは掲載しています。転職就職で迷った時にご活用ください。看護師求人窓口 のサイトを訪れた方から良く頂く質問をこのページでは掲載しています。転職就職で迷った時にご活用ください。

よくあるご質問

看護師転職緊急なびに多くお問合わせを頂く内容をご紹介します。不明なことなどを参考にしてください。

Q1
出産を控えた看護師です。育児休暇を取らずに今の病院を辞めて出産後落ち着いたらクリニックで働こうと思うのですが、大きな病院とクリニックどちらがいいでしょうか。まだ今後も子どもが欲しいと考えています
A1
ある程度大きな病院では、日々の看護業務とは別に委員会や各部署での勉強会、個人のキャリアアップのための自己啓発への取り組み…などたくさんの仕事を担わなければいけません。日々の看護記録や入退院の処理、患者の急変などで定時には帰れないのに、さらに時間外の勉強会や委員会で帰る時間は遅くなります。 私は凄く忙しかったですが、妊娠、出産、子育てをで大病院で仕事をするなかで体験した私は《この病院で働いていて良かったなぁー》と思えたことがたくさんありました。 まず、産前産後休暇はもちろん育児休暇制度もしっかりしており、なおかつ育児休暇手当により金銭的な心配をしなくて良いので安心して子どもとの時間を大切に使うことができました。もしも出産前に仕事を止めていたら、育児休暇手当は出ませんでした。仕事再開まで旦那さんの給料と貯金で過ごさないといけないということです。子どもが産まれるとミルク、オムツ、着替えなど色々なものやお宮参り、お食い初め、ハーフバースデーや初節句、誕生日とイベントも多く出費も重なります。今考えると、育児休暇手当なくして生活することはできなかったと思います。大きな病院でなく、個人病院やクリニックでは育児休暇がもらえないところも多いと聞きますので、この点はよかったなぁとすごく思いました。 大きな病院ではクリニックなどと比較すると個人の仕事が多くなるのは事実ですが、育児休暇明けの方に対して委員会の免除や勉強会は任意での参加など優遇されることが多いです。 わたしは現在育児休暇明けの職場復帰2ヶ月目です。1年仕事を休んでいたので業務や技術を思い出すこと、体が慣れるまでが大変でしたが委員会や勉強会を優遇してもらえたので仕事での看護師としての自分と家庭でのお母さんとしての自分と充実した日々を過ごせています。もちろん来年からは委員会や勉強会に参加しなくてはいけなくなるかもしれません。それでも、あと一人子どもが欲しいので家族の生活、子どもが増えたあとの生活のことを考えると今の職場で働き続けたほうがいいなーっと思っています。 また、クリニックと比較すると大きな病院の方がスタッフ数も多いこと、師長や先輩看護師の中には子育てを終えた人たちも多くいることなどから、子供の急な発熱によるお休みに対しても優しく受け入れてくれるので本当に助けられています。クリニックではスタッフ数に余裕がないと思うので子供のそばで付き添ってあげたくてもなかなかできないんじゃないかなーっと思います。
Q2
私は看護師をしているのですが、転職を考えています。どのような方法があるのでしょうか?
A2
3回転職を経験したものです。病院2回、個人病院1回、老健施設1回です。旦那の職場が変わった為に止む無く転職したこともありますが、自分のやりたい分野に転職した場合もあります。私の場合、Webとハローワークのいずれも試してみました。まず、ハローワークの場合Webで検索のできますし、市町村にあるハローワークに行って調べることもできます。Webではみれないものも市町村のハローワークでは詳しくみれるので、時間があれば実際に行ってみるのもいいと思われますいいかもしれません。市町村のハローワークは登録していなくても求人がみれるので、受付で求人をみたいといえばPCで自分で検索させてもらえます。月給や時間帯、残業の有無やボーナス、通勤手当や福利厚生がすぐにみれますが、もっと詳しく知りたい場合は職員の人に言って実際に相手の会社に聞いてもらったり間に立って動いてもらえます。面接の日取りもセッティングしてもらえます。 Webの場合、私が使用したものの場合ですが、PC上ですぐに求人を検索できるわけではありません。まず、自分の名前などを入力すると、実際にそのサイトから電話がかかってきます。そこで詳しく自分の条件を提示して、その条件にあった病院や施設を紹介、メールや電話で詳しい内容を教えてもらえます。その中で自分が面接を受けてみたい病院や施設があれば、サイトの方で面接の日取りのセッティングをしてもらえます。私は別々の会社を2回利用しましたが、実際にサイトの方が面接についてきてくださるところもありました。社会人ですが、先生と一緒に面接に臨んでいるようで心強かったですが、反面自分の面接を聞いている人が増えた感じがして恥ずかしくもありました。ただ、面接で色々口添えをしてもらえるといったことはなく、自分ですべてを話さなくてはなりませんでした。私は1か所面接後就職が決まったのですがその後そのサイトから面接時と入社してからの状況のアンケートが送られてくるところもありました。もう一つのサイトはセッティングはしてもらい、自分で面接後特になにも決まりませんでした。私はどれが一番といったことはなく、どれも使いやすかったと思います。色々試して自分にあった使い方を見つけると良いのではないでしょうか。転職しようと思ったときはまず自分の譲れない条件を整理して臨んだほうがスムーズです。私は特に子供がいるので、色々条件を出したところもありましたが、その場合はそれを組んで病院や施設を探してもらえるので心配はなかったです。色々な病院や施設があり、その中で働いている人も様々ですので、自分にあった場所を探すとよいと思います。
Q3
大抵、転職活動をスタートしてから新しい就職先が決定するのにどの位必要になりますか?
A3
転職の期間というと大体は1ヵ月前後になるかと思います。勿論そういった期間は個人によって状況も違うのでもハッキリと言い切るのは難しいですが、自分の希望が決まっていれば、早ければ退職後にはもう決まっている方もいるかもしれませんし、じっくりと考えたい方や家族の状況も加味して、半年かかる方もいます。そして幸運な事に看護師の市場というのは今やまだまだ人手不足な側面もあり、求人数がとても多い為に引く手数多の状況です。善は急げという諺もありますが、急がば回れという諺もあります。もし、すぐにでも働かなくてはいけないという状況でなければじっくりと腰を据えて考えるのも良いです。今では看護師の求人はハローワークだけでなく、求人サイトやナースセンターという看護師専門の求人もあります。こちらにもメリットが沢山ありますから利用する事をおすすめします。日本看護協会が運営している為に信頼できます。最近では人材会社も看護師の転職に関心を持っていますが、やはり専門の機関の方が安心できます。そして職員の殆どが元看護師という大変良い環境であるという事です。仕事は綺麗事ばかりでは出来ません。その為看護師にしかわからない現場での悩み等も話しやすくなります。正し皆が自分と同じ悩みを持っているという事はありませんから一概には言えませんが少なくとも同じ戦場の事を知っている方には相談する価値はあります。施設の情報を知る事もできます。日本看護協会が運営していますから、施設の内情にもメスを入れて看護師にとって働きやすい環境であるかを調べてくれている為に不安やリスクの軽減はできます。それでも確実に上手くいく保証はないですが不安は消せる筈です。こちらに向いている人としては初めての転職が不安な方、中小規模の施設でも良いから環境をしっかり把握したい方、そして何よりも時間的に猶予がある方にはピッタリの求人情報です。次にハローワークですがこちらにもメリットはあります。公的機関で安心であり、場合によっては失業給付を受けられるというメリットがあります。そして一番転職の回転率が速いのが転職サイトになります。ただこちらはあくまで都市部の求人が多い為に地方で探している方はおすすめできません。 その分大きい施設に行きたい方にはお勧めできます。やはりつまるところ、期間は自分で決める事になってはしまいますが、選択肢が多いというのは良い事です。しっかりと下調べをして良い転職をして下さい。
Q4
転職をする時は、活動費用はいくらぐらい必要か教えてください
A4
転職をする時は、その転職を有利に行う事が出来るようにすることが大切です。 その内容について、まとめてみました。 ・身だしなみを整える費用 転職をする時には、感じの良い印象を相手に与えることが必要となります。 そのためには、まず身だしなみを整えることが大切です。 その一つにスーツや靴を購入します。 就活のセットトして販売している店もあるので、それらの店を利用することによって、2万円ぐらいで抑えることが出来ます。 また、髪についてもさっぱりと見せることが出来るようにセットをしましょう。 自分で綺麗にすることができない場合は、美容院での費用が必要です。 ・転職先等の病院を知る費用 転職をしたいと思っているとき、その転職をするところがどんなところであるのか知りたいと感じます。 その時、実際にいって調べることもできますね。 その場合は、交通費が必要となります。 また、インターネットである程度調べることもできます。 その場合は、自宅にインターネットを操作できる環境があると、費用としては不要です。 ・転職で面接を受ける時の心構えの費用 転職をするとき、面接をすることが必要となります。 その時、その面接時の注意事項などについて、十分に熟知しておくことが大切です。 その内容については、本などで知ることができます。 本を購入するのは、1000円ぐらいで行うことができます。 ・履歴書を仕上げる費用 転職をする時には、履歴書を記載することになります。 履歴書代や、その書き方について上記と同じように本などで勉強をすることが大切です。 その本は、心構えの本を購入すれば同じ履歴書の書き方等を知ることができますね。 ・転職について詳しい友人等から情報を得る費用 転職をするとき、インーターネット以外で情報を知ることができる方法として、友人などに転職先の情報を聞くことができます。 また転職を繰り返し行っている看護師から、その情報について知ることができますね。 その時、カフェなどを利用することになると感じます。 その費用が必要となります。 自宅で行う場合は、費用がかかる事はありません。 ・転職サイトに登録をする費用 転職サイトに登録をするとき、その費用はかかりません。 そのことは、とても嬉しいですね。 そしてその転職についての知識等を、たくさん教えてもらうことができます。 また、転職後にお祝い金として、出すところもあり、そのようなところを利用することは一番効率的に探すことができますね。
Q5
転職活動をする時はどんな感じで行えばいいですか?
A5
転職をしたいと思った時、その思いがどんどん募っていきます。 それは、早くその思い実現させたいという気持ちが高まるからです。 転職をしたい理由として、人さまざまです。 しかし、すぐにでも別のところに変わりたいと思うこともありますね。 そしてその時には、効率よく職場を探したいと思うようになります。 しかし、自分で転職活動を行うと、なかなか思い通りに見つけることができないと感じることがありますね。 効率的に探したいと思った時には、誰か相談出来る人がいるといいのです。 そんな時、転職サイトに申し込みを行うことによって、スムーズに転職をすることができます。 その転職サイトに申し込みをする時から、入職をする時までについて、まとめてみました。 まず、自分がいいと思う転職サイトを、インターネットより探します。 それぞれの転職サイトには、メリットがありますのでそれを見て決めることをおすすめします。 次に、転職サイトの専門のキャリアアドバイザーという人に、相談をすることになります。 そこで、どんなところに転職をしたいのか、いつまでにしたいという具体的な計画を、キャリアアドバイザーと一緒に、立案をすることになります。 すると、自分でなんとなく思い描いていた転職の内容が具体的に鮮明になりますね。 そして、求人の紹介を受けて面接をすることになります。 その面接をするときや、履歴書の書き方等も、指導を受けることができます。 それも、とてもこころ強いですね。 ひとりで行うよりも、時間短縮を行うことができるし、転職活動を完璧にすることができます。 履歴書を作成して、面接をして、内定をもらうことが出来ると、次の職場で働くことになります。 その時、退職をする時もアドバイスを受けることができます。 退職をするとき、事前に伝えておくことがいいですね。 転職を必ずしたいという、強い希望がある時には、早めに伝えておくことが大切です。 その職場の中で、退職をするときに規定があると思うので、その規定通りに行うようにしましょう。 退職をする引き際も、とても大切です。 その様な事も、指導を受けることができます。 その後は、採用日に入職をすることになります。 入職が決まったとき等、転職サイトによってはお祝い金をもらうことが出来るところがあります。 そのことは、とても助かりますね。 新しく職場が変わることによって、何かとお金がいる事も多いです。 そんな時、頂けることはとても感激をすることができます。
Q6
働いたことがない診療科に転職をすることができますか?
A6
看護師として働いていて、総合病院等で長く働いている人は、いろいろな診療科を経験することが多いです。 しかし、ほとんどの人は一つ二つの診療科しか経験がないということがありますね。 その時、ほかの診療科で良いところがあった時、その診療科に転職をしたいと思うこともあります。 それはとても良いことですね。 看護師として、全診療科のことについて、勉強をして国家資格を取得しているので、問題なく働くことができます。 その時、転職をする病院側が、どのように受け止めてくれるのか心配ですね。 全くオリエンテーションもなく、働くことはないと思いますが、そんな不安で一杯です。 その場合は、働いたことのない人に対して、しっかりオリエンテーションをする病院側の義務があります。 そのため、オリエンテーションをしてもらうことが出来るのです。 そして少しづつ業務に慣れることができます。 雇う側としても、いきなり夜勤をさせることや独り立ちをさせることはさせません。 安全に業務を行うことができるようになってから、夜勤などが開始になります。 そのため、全く働いたことのない診療科であっても、働く事は十分できます。 そしてその不安がある場合は、意気込みを伝えることと同時に、診療科のことについて知らないことも正直に伝えることも大事ですね。 すると、病院側に対しても、ゆっくりとスタートをさせるように努力をしてもらうことができます。 面接の時に、自分が働きたい、そこが気に入っている事を伝えることによって、十分転職をすることができます。 そして自分としても、ある程度はその診療科について勉強をしなおすことが大事です。 全く忘れているということはないと思いますが、本を見たり勉強をすることによって、ある程度自分に対して自信を持つことができます。 看護師である以上、全く働いたことがない診療科のライセンスも持っていることになります。 そのため、働く意欲ややりがいがあれば、必ずやりがいを感じて働くことができるようになります。 そのことを信じて、新しい診療科にチャレンジをすることもいいですね。 すると、自分としても自信を持つ事ができます。 不安はあると思いますが、それだけ強くなる自分ができることも事実です。 若い看護師さんは、特にそのように新しい診療科に対して、チャレンジをするようにしましょう。 そのことは、後々になってきっと良かったと思える日がきます。
Q7
新卒看護師で一年以内に辞職をしたので転職を考えていますができますか?
A7
看護師として一年目で辞職をすることがありますね。 その職場で働いてみたものの、どうしても辛くなって、辞職をする意外に考えられなくなる場合です。 その時、とても不安になるものです。 それは、ほかの新卒看護師は頑張って働いているのに、自分は頑張ることができなかったと考えてしまい、劣等感を持ってしまうからです。 しかし、そんな風に思うことはありません。 その時、その職場がその人にあっていないということは、よくあります。 なので、心機一転、別の職場で働いて頑張れば良いでしょう。 そして、一年目で退職をしても転職については、全く問題ありません。 看護師は、求人募集がたくさんあります。 そのため、看護師として働く職場は選ぶほどあるのです。 そのことから、転職ができないという不安は持たなくてもいいのです。 そして、一年目に退職を選択することは間違っていないと思うことです。 いろいろ考えて自分にはこの職場が合わないと思ったなら早く転職するのも選択肢です。 次の職場で気持ちを早めに切り替えて、頑張ることが出来るからです。 なので、急いで辞めたとしもて悩む事は一切ありません。 新人看護師の方が転職使用と思った時に注意することがあります。 その一つに、人間関係で嫌になった時は、どこにいってもそのことはあると認識をすることです。 本当に嫌なことなどあると、もう職場から逃げ出したいと考えることもあります。 そのことを繰り返していると、いつまでたっても、一つのところで頑張ることができなくなります。 そのため、人間関係で疲れてしまって退職をした時は、自分自身も振り返ってみることも大事です。 最初が肝心ということもありますので、次の職場では人間関係を良い感じに進めることができるように努力をしましょう。 そして面接を受ける時に、必ず退職をした理由を聞かれることになります。 その時、人間関係であると答えてしまうと、少し心配をされることがあります。 それは、どこの職場でも人間関係はついて来るからです。 なので、もし新たな職場で辞めた理由を聞かれても人間関係と答えないことです。 こちらのほうがやりがいを感じることが出来る等、そのような理由がいいですね。 あなたが、もし次に転職する職場探しで悩んでいるなら転職サイトに登録するのも選択しの一つでしょう。 転職サイトでは、自分に合った内容の職場を選んでもらうことができるからです。 また転職に関して、いろいろな相談も乗ってもらうことができるので、とても心強く転職に望むことができます。
Q8
転職に失敗しないためには、どうすればいい病院探しができますか?
A8
最近では看護師の方が転職を考えた時に役立つ看護師の求人を専門に扱う専用転職サイトがあります。そのサイトに掲載されている病院の詳細をまず見て、給与や、待遇、福利厚生を確認し、自分の求めている病院像と合っているのであれば、そのサイトに登録し担当の方に詳しく詳細を教えてもらいます。 ハローワークに登録し職探しをすることもいいですが、件数が少ない上に、ハローワークで案内している人は医療業界に詳しくなく、なかなか病院の雰囲気などは詳しく教えてくれません。手当をもらうためには、一旦ハローワークに登録する必要がありますが、実際は転職サイトがいいと思います。 転職サイトでも、すべてのやりとりを電話で対応する会社はなかなかこちらの伝えたいことが伝わらなかったり、じっくり時間をとることが難しかったりするので、せっかくでしたら、会社に行き、対面して担当者と話ができる方が、その病院に就職した人からの情報など詳しく教えてもらえます。 総合病院への転職であれば面接の際に実際に病棟での見学しかできず、あまり雰囲気などはわからないこともありますが、個人で経営しているクリニックへの転職であれば、面接時に何時間か実際に指導してもらいながら研修をしてもらえたりします。なので、面接後に合格通知がくるまでに本当にその職場でいいのか、経験をもとに考えることができます。実際にクリニックの面接に加え研修させてもらった時に、お昼休憩で実際に働いている看護師さんに、この医療機関の良い部分と悪いと思う部分を聞いて参考させていただきました。  済生会病院などでは、実際に働いているか人からの紹介であれば、紹介した人と紹介された人それぞれに紹介金がもらえたりなどしてラッキーです。実際に働いているか人からの情報が1番参考になるので、退職した同僚や先輩が違う病院に働いているのであれば連絡をとってみるのもいいと思います。あとは実際に自分が気になっている病院に患者として受診してみたり、面会に行ってみたりすると、外来や病棟の雰囲気や忙しさ対応がわかっていいです。実際に病棟に行ってみた人もいます。働いていることでの利益や自分自身の成長があるかどうか、給料など今働いているところと比べ全てにおいて優っているところであれば一旦就職してみてもいいと思います。
Q9
今の施設が人間関係がいやなのですが転職で成功する方法は?
A9
看護師の転職の理由について、出産や育児、お給料というのが多いですが、一番多いのは人間関係です。人間関係が悪いと看護師の仕事が大好きでも、転職を考えます。一般事務の場合条件がいい正社員の求人は1度退職すると次は無理になります。しかし看護師の場合は資格を持っているので、転職が可能です。 人間関係がいい職場は、ハローワークにはなかなか出てきません。もしも転職を考えているのなら看護師専門サイトを利用しましょう。専任コーディネーターが、職場の雰囲気や人間関係まで調べています。離職率が低い医療施設の、紹介が可能です。条件がいい施設は、非公開求人で募集があります。 人間関係が良い職場は、子供が小さくても多くの人がやめていません。公務員の職場を見てわかると思います。結婚してもやめる必要がないのです。福利厚生もいいので保育園があったり、家賃補助が出たりします。 退職者もいますが、医師との結婚でどうしても両立ができないという方もいます。 ストレスが溜まる職場に長くいると、精神的な病気になりやすいです。看護師さんは患者さんの健康のことは一番に考えても、自分の健康のことは後回しになる方もいます。 悩みがあれば、コーディネーターさんに話してみませんか? 同じような案件で、転職された先輩も多いので気持ちはよくわかります。 ハローワークでは、個別のカウンセリングはやっていません。 ひとりひとりに合った、職場を探してくれます。 希望の施設があって、求人が出てなくてもアプローチしてくれます。 見学もできる施設があるので、一緒に行くことができます。 実際に働いている方を見ると、イメージがつかめます。 過酷な現場ほど、人間関係はきびしくなります。 転職を考えているナースさんのなかには、企業看護師として働く方もいます。 平日は残業梨、土日が休み、正社員の方の健康診断を担当します。 病院やクリニックと違って、ナースさん同士の人間関係の悩みはありません。 働きやすいと、評判になっています。 また、病院の健康診断専門の看護師さんも人気です。 すぐに条件がいい求人がなくても、登録をしておくと新着情報がわかります。 就職してからも、スタッフさんのサポートは続きます。 1度、hpをご覧になってみてくださいね。
Q10
看護師は何回までだったら転職してても新しく転職可能ですか?
A10
私は看護師6年目で、現在大学の保健室で働いていますが、そこに就くまでの転職回数は3回です。結婚を機に県外に引っ越したこともありますが、引越ししてすぐに働いたところが、喧嘩やいじめが激しく、職員同士の仲が悪かったので就職して2ヶ月も経たず退職してしまいました。退職まであと数日のところで大学の保健室の求人があることを知り、応募をして面接を受けました。その面接で現在就職しているがあと数日で退職する、2ヶ月しか働いていないということも全て話し、何が合わなかったのか、こんごどのような仕事をしたいから辞めたのかをしっかりと説明しました。働いてすぐに辞めていることについては人事の人たちに苦笑いをされましたが、10人の募集の中から選ばれることができました。それまでの最初の病院を3年で退職し次の病院では2年で退職していることに関してもなぜ辞めたのかを聞かれましたが、私の場合は夜勤の時間や夜勤体制、身体の不調を説明しました。そして次の病院ではこんなことをもっと学びたいので、より専門性の高いこの病院に転職したのだということ、次の病院も結婚を機に退職したと、生活の変調によるものだとしっかり説明しました。 6年で3回も転職するのは普通のサラリーマンからしたら多いかもしれませんが、看護師としては自分がキャリアを積んでいきたい病院に転職したり、今の病院には勉強したい科がなかったりして、転職することもあります。何回転職してもその転職で自分のやりたいことができたり、向上心を持って天職したのだと伝えることで、実行力があり好印象だと思います。なんとなくこの病院は嫌だったとかマイナスのイメージを持たせることは言わないほうがいいと、思います。 現在の私の同僚は、同じ職場に就職するまで、10回は転職しています。看護師としてだけではなく、病院やクリニック、保険会社や一般企業にも転職しています。とても好奇心の強い人なので、もっといろんなことを吸収していきたいとのことでした。転職回数が多いから次の転職が難しいということはなく、むしろいろんな場所で様々仕事をしていることは自分の強みになるのでは無いでしょうか。色んな業種の資格をとっていることも、ただ単に仕事が続かないから転職していると思われないですし、勉強をして向上心のある人なのだなと思われるそうです。 転職の回数を自分の強みにできるように、専門知識を身につけることもいいことだと思います。
Q11
転職する場合、ハローワークと看護師転職サイトどちらがよいですか?
A11
私は看護師6年目ですが、これまで3回ほど転職を経験しています。そのどれも全て看護師専用の転職サイトに登録して転職に成功しました。もちろん、前職を退職してハローワークにも登録をしました。ハローワークでは、看護師転職サイトよりも求人内容が狭まります。病院やクリニック、健診業者などが多いですが、保健室業務など特殊な求人はなかなかありません。そして、ハローワークの担当の方はあまり医療業界のことをご存じないので、その病院の特色などは自分でリサーチしなくてはなりません。面接日も自分で会社や病院に連絡をとり面接に1人で向かいます。どのような面接になるのかなどの情報はありませんのでとても心配になります。 その点、看護師転職サイトであれば、どんな求人を探しているのか細かく指定ができますし、その条件にあった求人を教えてくれたりします。とても丁寧なサイトでしたら、その病院に以前転職した人からの情報や面接や試験はどうだったかなどの情報も提供してくれます。転職サイトに登録して仕事を決めると、その求人先か紹介手数料として紹介会社にいくらか払うシステムになっているのですが、キャンペーンなどで仕事が決まるとお祝い金がもらえたりします。 ハローワークでも、ある一定の条件が揃えば、たとえ看護師転職サイトで就職が決まっても早期就職手当や就業促進手当といってお金がもらえるので、看護師転職サイトで求人を主に探しながらもハローワークに登録して通うことをお勧めします。 また、面接の時に看護師転職サイトで担当の方が面接先にも出向いてくれ、面接の練習や質問内容を考えてくれたりするのでとても安心です。自分で面接日をやり取りしなくてもいいですし、もし面接して断りたいときは転職サイトの方へ伝えるとお断りの対応をしてくれるので気を使うことがありません。最初から最後まで電話でのやりとりだけのサイトもありますが、実際に会社に出向いて直接担当と話しができる転職サイトの方がよりじっくり話しができるので安心です。こっちのサイトには載っているがあっちのサイトには載っていないということもよくあるので、私は2.3個登録をしていました。定期的にお勧めの求人がかいてあるメールを、送ってくれるので暇な時間に見ることができてよかったです。 この理由より、私がお勧めするのは一旦ハローワークに登録しながらも、転職サイトも登録し主に転職サイトを重視して転職するのがいいと思います。
Q12
看護師転職サイトが多くて何を基準に選んだらいいのかわからないのですが
A12
看護師転職ホームページには、おのおのの得意とする分野や特徴があります。まず、ご自分がどのような転職を目的としているか熟慮することを推奨いたします。常勤・非常勤・スキルアップ・家庭との両立・高給与・通勤距離など働く上での希望条件や、日勤・夜勤などの勤務形態、病院・施設・在宅・企業などの職場形態などの中で、譲れない条件と譲れる条件を明確にすることで、自分が就きたいお仕事が見えると考えられます。ご自身の転職の希望条件が見えてきたら、実際の看護師転職サイトを見てみましょう。「常勤 スキルアップ 看護師 東京」など、重点を置く項目を記入し検索にかけることをおすすめします。その際、エリア入力も行うと良いでしょう。看護師転職の会社は全国展開をしている会社もあれば、エリアに特化した会社もありますので、まず対応エリアを確認することで、手軽なお仕事探しにつながるでしょう。気になった看護師転職サイトが検索に上がったら、すぐに登録せずどのような求人に強い転職サイトなのか、アフターケアの手続きはどういうふうになっているのか確認してみましょう。多くの看護師転職ウェブTOPページでは特集記事が企画されていて紹介会社の得意な分野や特徴が報告されていますし、求人検索が出来るサイトではそのチェック項目や求人情報にご自身が希望する条件の記載があるかなどを見ることで自分に合ったサイトであるか判断する材料というわけです。とはいえ、まだ、自分の希望条件がわからない。看護師転職サイトが自分に合っているかわからない。という方には、看護師転職サイトとして長年の実績があり、広範囲求人を取り扱っているホームページに登録することをおすすめします。看護師転職サイトを登録するにあたっては、基本情報を入力後、電話でこれまでの経歴や希望の条件等について聞かれることが多いので、そこで話すことでご自身にとってどのような条件が適当か考える材料にもなりますし、その後引き継がれた担当アドバイザーの方の助言や求人の提案によって、ご自身が望む働き方が見えてくるのではないでしょうか。看護師転職サイトに記載されている求人は、実際には応募が締め切られているものが残されていることもあるので、登録してみなければ実際にその求人があるかわからないことも多いので、まずはいくつかの看護師転職サイトに登録して、自分と相性の良いところで調整を図っていくことを考えてみてもよいかもしれません。ご自身の転職の希望条件を知るためにも、まずは看護師転職サイトと求人情報を見てみることを推奨します。
Q13
私は看護師をしているのですが、転職を考えています。どのような方法があるのでしょうか?
A13
3回転職を経験したものです。病院2回、個人病院1回、老健施設1回です。旦那の転勤のため転職したのもありますが、自分のやりたい分野に転職した場合もあります。 私の場合、Webとハローワークの両方を試しました。 まず、ハローワークの場合Webで検索のできますし、市町村にあるハローワークに行って調べることもできます。Webではみれないものも市町村のハローワークでは詳しくみれるので、時間があれば実際に行ってみるのもいいかもしれません。市町村のハローワークは登録していなくても求人がみれるので、受付で求人をみたいといえばPCで自分で検索させてもらえます。月給や時間帯、残業の有無やボーナス、通勤手当や福利厚生がすぐにみれますが、もっと詳しく知りたい場合は職員の人に言って実際に相手の会社に聞いてもらったり間に立って動いてもらえます。面接の日取りもセッティングしてもらえます。 Webの場合、私が使用したものの場合ですが、PC上ですぐに求人を検索できるわけではありません。まず、自分の名前などを入力すると、実際にそのサイトから電話がかかってきます。そこで詳しく自分の条件を提示して、その条件にあった病院や施設を紹介、メールや電話で詳しい内容を教えてもらえます。その中で自分が面接を受けてみたい病院や施設があれば、サイトの方で面接の日取りのセッティングをしてもらえます。私は別々の会社を2回利用しましたが、実際にサイトの方が面接についてきてくださるところもありました。社会人ですが、先生と一緒に面接に臨んでいるようで心強かったですが、反面自分の面接を聞いている人が増えた感じがして恥ずかしくもありました。ただ、面接で色々口添えをしてもらえるといったことはなく、自分ですべてを話さなくてはなりませんでした。私は1か所面接後就職が決まったのですがその後そのサイトから面接時と入社してからの状況のアンケートが送られてくるところもありました。もう一つのサイトはセッティングはしてもらい、自分で面接後特になにもありませんでした。 私はどれが一番といったことはなく、どれも使いやすかったと思います。色々試して自分にあった使い方 を見つけるといいかもしれません。転職しようと思ったときはまず自分の譲れない条件を整理して臨んだほうがスムーズです。私は特に子供がいるので、色々条件を出したところもありましたが、その場合はそれを組んで病院や施設を探してもらえるので心配はありませんでした。色々な病院や施設があり、その中で働いている人も様々ですので、自分にあった場所を探すとよいと思います。
Q14
看護師転職サイトが多くて何を基準に選んだらいいのかわからないのですが?
A14
看護師転職サイトには、それぞれ得意な分野や特徴があります。まず、ご自身がどのような転職を目的としているか考えてみることをお勧めします。 常勤・非常勤・スキルアップ・家庭との両立・高給与・通勤距離など働く上での希望条件や、日勤・夜勤などの勤務形態、病院・施設・在宅・企業などの職場形態などの中で、譲れない条件と譲れる条件を明確にすることで、自分が就きたいお仕事が見えてくるでしょう。 ご自身の転職の希望条件が見えてきたら、実際の看護師転職サイトを見てみましょう。 「常勤 スキルアップ 看護師 東京」など、重視する項目を記入し検索にかけることをおすすめします。その際、エリア入力も行ってみてください。看護師転職の会社は全国展開をしている会社もあれば、エリアに特化した会社もありますので、まず対応エリアを確認することで、スムーズなお仕事探しにつながるでしょう。 気になった看護師転職サイトが検索に上がったら、すぐに登録せずどのような求人に強い転職サイトなのか、サービスの流れはどのようになっているか確認してみましょう。多くの看護師転職サイトトップページには特集が組まれていて紹介会社の得意な分野や特徴が書かれていますし、求人検索が出来るサイトではそのチェック項目や求人情報にご自身が希望する条件の記載があるかなどを見ることで自分に合ったサイトであるか判断する材料となります。 とはいえ、まだ、自分の希望条件がわからない。看護師転職サイトが自分に合っているかわからない。という方には、看護師転職サイトとして長年の実績があり、幅広い求人を取り扱っているサイトに登録することをおすすめします。 看護師転職サイトを登録するにあたっては、基本情報を入力後、電話でこれまでの経歴や希望の条件等について聞かれることが多いので、そこで話すことでご自身にとってどのような条件が適当か考える材料にもなりますし、その後引き継がれた担当コンシェルジュの方のアドバイスや求人の提案によって、ご自身が望む働き方が見えてくることもあるでしょう。 看護師転職サイトに記載されている求人は、実際には応募が締め切られているものが残されていることもあるので、登録してみなければ実際にその求人があるかわからないことも多いので、まずはいくつかの看護師転職サイトに登録して、自分と相性の良いところで調整を図っていくことを考えてみてもよいかもしれません。 ご自身の転職の希望条件を知るためにも、まずは看護師転職サイトと求人情報を見てみることをお勧めします。
全国看護師求人窓口の施工実績は年間施工実績が業界最大級の年間20,000件以上全国看護師求人窓口の施工実績は年間施工実績が業界最大級の年間20,000件以上

?
看護師求人窓口ロゴ看護師求人窓口ロゴ
看護師求人窓口看護師求人窓口